「健康で働けるということ」 総務部

前職で10年の単身赴任の期間がありましたが、この間は朝食を摂っておらず、今思えば決して体調が良くはなかったと思います。
朝食は大切で、脳を活性化する働きがあります。
脳はブドウ糖を主な栄養源としており、適切なスピードで体が消化できる「ご飯」の朝食は一番です。
納豆、卵も一緒に摂るといいそうです。
また、カレーはもっとお奨めです。カレーの成分「ウコン」がいいようで、インドではアルツハイマー症の方が少ないというデータもあり、研究が進められています。
毎日カレーライスを食べるわけにはいきませんが、カレースープならいけそうです。コーンスープにカレー粉を入れても良いそうなので、試してみたいと思います。