「ゼロベース思考」 開発部

ゼロベース思考についてお話したいと思います。

ゼロベース思考とは、既存の習慣や常識にとらわれることなく、それらの概念をまったく取り払ってゼロの状態から事象を捉える思考方法です。

KDDIJAL稲盛和夫さんが書かれた「実学」という本を持ち歩いていました。

自分にとってネガティブと感じたことなど前向きに捉えるようになり、私がゼロベースを生活の中で考えるきっかけとなりました。

ただ、私が何度も手に取り読み返していた点は、「原理・原則の本質を徹底する」ということです。

 経営と会計は表裏一体と考える著者は、会計士たちがそれまで常識としていた会計処理を経営の観点からゼロベースに立ち返って、なぜそのような会計処理をしているのか・経営の観点から筋が通っていないと思うことを徹底的に見直していきます。

 私の仕事はお客様の要件を伺い、その要件よりシステムを構築していく事です。

システム化へ設計を進めると、未熟さゆえ迷うこともあります。そのような時は構築してきたことは一旦忘れ、お客様の求めていた本質とは何だったのかを、もう一度考えるようになりました。

 ゼロベースにすることは大きなエネルギーを使いますが、物事に存在する原理原則の本質をしっかり追及できるように今後も努めていきたいと思います。