「付加価値」 開発部

今日は、先日あった出来事で感じたことをお話ししたいと思います。

先日、街中のとある靴屋さんに行きました。
閉店間際の時間ということもあり、私以外のお客さんはいなかったため店主のおじさんが私に話しかけてきました。普段私は、お店で店員の方に話しかけられるのはあまり好きではないのですが、その店主さんはとても気さくで、会話に商売っ気を感じず楽しく会話できました。

そして最後に、お会計が終わって商品を受け取る際に、「いいことがありますように」と言ってくださったのです。

それを聞いて、私はとてもうれしくなりました。

最近は、多くのお店ではマニュアルに沿ったような対応が多いですが、その店主さんは、心を込めて対応をしていただいたように感じたからです。

その一言に感激して、「また靴を買うときにはこのお店に来よう」と思えました。

仕事をする上で「付加価値を提供する」とよく耳にしますが、物質的なこと以外でも、付加価値を提供することはできるのだな、「付加価値」とはこういうことなんだな、と感じました。

自分の仕事でも、機能的な面で付加価値をつけるのは難しい部分がありますが、電話応対やその他の部分で、少しでも今回のような付加価値を提供し、「MJCさんにお願いして良かった」と思っていただけるように対応していこうと思います。