「コミュニケーション、挨拶について」 営業部

近所の小学生に朝「おはよう」と声掛けをしてもなかなか返ってこなくて、最近の小学生は挨拶をしなくなったのかと思っていました。

そこで、トーンを変えて、声高く、明るく挨拶をかけると、笑顔で挨拶が返ってくるようになりました。

コミュニケーションは、非言語が55%、準言語が38%、言語が7%を占めると言われます。
相手にどう見えるか、どう聞こえたかなどの方が、言葉そのものよりも影響が大きいということです。

気持ちのいい挨拶で、コミュニケーションを活発にしていきたいと思います。

「工場の5Sについて」 開発部

「整理・整頓・清潔・清掃・躾」という5Sは、工場だけでなく、私たちの仕事(システム開発)にも当てはまると思います。

整理は「要るもの要らないものを整理する」、整頓は「あるべきものをその場所に戻す」ということですが、システム設計で、お客様の要望を鵜呑みにして作った時に、本来要らないものがあったりして、後では使いづらくなったりすることがあります。

本当に要るもの、要らないものを見極めていくという意味で、私たちの業務にもこの5Sを取り入れていき、生かしたいものです。

「健康で働けるということ」 総務部

前職で10年の単身赴任の期間がありましたが、この間は朝食を摂っておらず、今思えば決して体調が良くはなかったと思います。
朝食は大切で、脳を活性化する働きがあります。
脳はブドウ糖を主な栄養源としており、適切なスピードで体が消化できる「ご飯」の朝食は一番です。
納豆、卵も一緒に摂るといいそうです。
また、カレーはもっとお奨めです。カレーの成分「ウコン」がいいようで、インドではアルツハイマー症の方が少ないというデータもあり、研究が進められています。
毎日カレーライスを食べるわけにはいきませんが、カレースープならいけそうです。コーンスープにカレー粉を入れても良いそうなので、試してみたいと思います。