PAGE TOP

新卒者情報

Y.SASAKI

  • DATE6
  • 金融システム SE

    Y.SASAKI

  • 入社年:2014年
    学歴:九州大学文学部人文学科
    趣味:野球、プラモデル

現在の主な仕事内容

銀行の金融リスク管理システムの開発を行っています。
このシステムは、銀行が行ったさまざまな取引を集計して、今どういった財務状態なのか、という結果を算出しています。
私がこれまでに行ってきた案件は、システムの変更、統合に応じた修整、古くなった部分のコンバートといったものが主となっています。

学生時代

大学では、文学部で歴史学を専攻し、西洋史の研究を行っていました。 当然、SE関連と知識とは全くの無縁でした。 ですが、書類を手早く読んだり、分かりやすく書き残す、といった技術は、就職後にも生かすことができているように思います。
また、サークルは剣道部に所属し、日々稽古を行っていました。 特に夏場は非常に辛かったですが、そのおかげで何かをやり遂げていくだけの体力は十二分につけることができました。

入社きっかけ

大学中専攻していた歴史学は、それはそれで楽しかったのですが、正直学問として取り組むのは大学在学中だけでいいかな、と思っていました。 そんな時、知り合いのつてで少しだけDBを設計、構築する機会があり、そこで楽しいと感じたのがきっかけです。
その後、基本情報技術者試験の勉強をしていく過程で、SEを仕事としてやってみたい、という思いが強くなっていきました。 そんなとき地元企業でありながら全国展開している情報系の会社があると聞き、当社に入社希望し、入社することができました。

研修時代

ともかく文系学部出身ということもあり、研修の内容が馴染みのないことばかりであったため、随分苦労しました。 また、入社後1ヶ月間、研修中は合同合宿ということもあり、共同で心地よく生活していくためのルールについても考えさせられました。
ですが、その中で社会人としてのマナーや、真新しい知識の数々、一緒に研修に取り組んだ仲間たちが出来たことは、今後の糧になっていきました。 特に研修項目の中の、模擬プレゼンテーションを行うまでの一連の流れは、周りと協力しつつ、楽しんで取り組むことができたように思います。

最初の仕事や苦労など

最初は、上流システム変更の案件に関して、実装のプログラミング作業からさせてもらいました。 SEの仕事の内容をこれまで殆ど知らなかったため、最初は当然よく分からず、時間がかかり過ぎたり、ミスが出たりの連続でした。
また、プログラミング以上に、文書がほぼエクセルだったため、エクセルの関数やマクロを碌に使用できなかったことが致命的でした。 インターネットにもつながっていない環境のため、本を持ちこんだり、ヘルプ機能を駆使したりして1つ1つ調べていったのを覚えています。

2年目

1年がたち、SEの仕事や自分が担当しているシステムのこともある程度理解でき、周りに目を向ける余裕ができてきました。 振り返ってみると1年目は自分のことにしか目を向けられていませんでした。
今は、自分で解決する部分と確認が必要な部分を切り分け、情報連携が必要そうな部分は積極的にコミュニケーションをとることを意識しています。 また、6月から新人が現場に入ってきて、OJTの実施も行っています。 自分で学ぶこととは違う、人に教えることの難しさを実感しているところです。

将来の目標

正直まだ2年目であり、また、SEの全体像が見えていないため、自分のキャリアプランについて、明確にこういう風になりたい、というのは思い描くことができていません。
ですが、将来人の上に立つ立場になった時、この人の下で仕事ができたら楽しい、と思われるような環境をつくることができるようになれれば嬉しいです。

入社を検討している学生へのメッセージ

特に文系の方は自分がSEになることについて不安があると思います。
が、大学時代文学部だった私が人並みにやっていけていますので、やる気と根気さえあれば大丈夫です。 就職は一生を左右しかねないものですし、じっくり考えて自分に合ったところを選んでください。