PAGE TOP

新卒者情報

E.NISHIOBINO

  • DATE4
  • 社内、販売店様向け
    システム保守開発

    E.NISHIOBINO

  • 入社年:2014年
    学歴:大分大学 工学部 
    福祉環境工学科 メカトロニクスコース
    趣味:温泉

現在の主な仕事内容

社内向けシステムの保守開発を行っています。
既存の機能への修正や、新機能の開発が主な仕事です。
設計書を任せていただくこともあり、製造、テストまで責任をもって取り組んでいます。

現在の現場には昨年の9月から配属され、もうすぐで1年になります。
まだ分らないことが多く、同じプロジェクトの方々にフォローしていただきながら作業を行っています。

学生時代

福祉工学を専攻していました。
様々な福祉機器やそれを利用する障害を持つ方についての学習や、機器を実現するための知識として機械工学、電気工学、熱流体工学など広い範囲で講義が行われました。

卒業研究は筋電図をテーマに設定しました。筋ジストロフィーなどの筋疾患をもつ患者の方の筋電図データを入手し、筋電図を利用して重病度を定量化することを試みました。情報系の学科ではなかったので、入学当初は今の職種に就くとは思いもしていませんでした。

入社きっかけ

卒業研究でC++で作られた解析ツールを使用したことがきっかけです。
ツールは研究室の先輩が作成したもので私は修正を加える程度でしたが、1行書き換えるだけで出力結果が全く違うものになることに面白味を感じました。

また小学生の頃、独学でホームページを作成したことがありました。当時は何も知識がなく、感覚でタグを並べて画像を表示したり、掲示板へのリンクを貼って学校の友人や全国の同年代の子たちとの交流を楽しんでいました。
HTMLという言語を使用してホームページを作っていたことを理解したのは、この仕事を始めてからでした。漠然とでしたが、手に職つけたいという思いがあり、興味があったこの業界に進みたいと希望しはじめました。

生まれ育った宮崎に貢献したい気持ちが強く、MJCで働きたいと強く思いました。社員を家族だと言い、優しい言葉をかけてくださった社長にも魅力を感じました。

研修時代

1ヶ月間、宮崎で研修がありました。
最初の1週間で社会人としての心得やマナー研修が行われました。
東京へ配属されてから名刺を渡す機会があり、研修で学んだことを実践することができました。

技術的なものではMysql、java、C#の研修がありました。
研修の時間は限られていて、どの言語も習得したと胸を張って言えるレベルには達していませんでした。
しかし、現場に配属され実務を経験していくうちに、研修では何となくでしか理解していなかったことが明確になってきました。

短い研修で完璧に理解するに越したことはありませんが、何となくでも知ること、教材を見ながらでもまずは経験することが大切だと思いました。他にもセキュリティの研修や基本情報技術者試験に向けての講義がありました。

最初の仕事や苦労など

今の現場で初めて任せて頂いた実務はPLSQLでの製造でした。
初めて扱う言語だったこともあり、1からのスタートでした。参考書を読むところから始め、何とか完成させたものを動かしてみるとパフォーマンスが悪く、処理にかなりの時間がかかっていることがわかりました。

先輩方の知識をお借りし、他の実装方法に変更すると処理時間が3分の1程になりました。ゴールは同じでも、行き着く過程を変えるだけでこんなにも違いがでることに感動したのを今でも覚えています。

2年目

もともと興味があってこの業界へ進むことを決めたのですが、大学での専攻は情報系ではありませんでしたし、趣味でプログラムを触っていたわけでもなかったので自分がこの業界でやっていけるのかすごく不安でした。
そこで先輩の後押しもあり、自分に自信をつけるため基本情報技術者試験に挑戦することを決めました。
合格という目標に向かって勉強するのは大学受験以来でした。馴染みのない単語ばかりで勉強開始当初は苦戦しましたが、その分合格したときの達成感は大きかったです。

資格試験で知った単語が実務中に出てくることが何度もありました。
全く知らない、初めて聞く、からのスタートと説明はできないけれど聞いたことはある、では大きな違いがあると私は思っています。

資格を取得からといって、実務ができるようになるわけではありません。ですが、頑張ればいつか絶対に自分に返ってきます。怠けた分も返ってきます。将来の自分のためにできることは全てしようというスタンスで頑張っています。

3年目

基本情報技術者試験に合格し、仕事にも慣れてきた頃、現場のリーダーや先輩からの提案でオラクルマスターブロンズ取得に向け勉強を開始しました。
実務に直結する内容だったため、試験に合格することで得られるものが容易に想像できました。

5月にオラクルマスターブロンズ12cSQL基礎に合格しました。
合格してからデータベースのテーブルの作成や権限の付与などを任せてもらえるようになりました。

自分に任せてもらえる範囲が広がったり、経験したことのない作業を振っていただけると素直に嬉しいです。現在はブロンズDBA12c合格に向け学習をしています。

将来の目標

必要とされる人材になりたいです。 そのためにも日々の業務や資格取得への過程を大切にしたいです。 毎日少しずつできることを増やして、沢山のことを任せてもらえるようになることが目標です。 また資格取得の際に後押しをしてくださった先輩方のように、いつかは自分も後輩の背中を押す番がくると思います。 その時に、この人が言うなら挑戦してみようかな、と少しでも思ってもらえるような説得力のある先輩でありたいと思います。 現在同じチームで作業させていただいている先輩方は業務経験も知識も豊富で、人間的にもすごく尊敬のできる方ばかりです。 先輩方に少しでもはやく近づけるように、目の前にあることを確実にこなしていきたいと思います。

入社を検討している学生へのメッセージ

「やってみたい」という気持ちがあればどんな業界であっても飛び込んでほしいと思います。
知識や経験がないから不安だという気持ちもあるかもしれません。私も不安だらけでした。

しかしスタートは皆同じです。
尊敬している先輩方も、知識も経験もないところからスタートしているはずです。
先のことは努力次第でどうにでもなります。

大事なのは挑戦したいという気持ちと、気持ちを行動に移す勇気だと思います。