PAGE TOP

先輩社員からのメッセージ

S.K

  • DATE3
  • 金融系システム SE

    S.K

  • 入社年:2013年
    最終学歴:横浜国立大学 教育人間科学部
    国際共生社会課程
    趣味:お酒、ランニング

現在の主な仕事内容

金融関連システムの開発を行っています。また、本年度の8月からは、複数ある開発案件の1つで、チームリーダーを任せていただいてます。
今回が初めてのリーダー業務なのですが、自分のことだけでなく周りを動かしながらプロジェクトを進めることの難しさを痛感しています。最初は何から手をつければ良いのか分からず、うまくメンバーにタスクを割り振ることができませんでした。毎朝チームミーティングを行い、メンバーと一緒になってひとつずつ課題を解消しながら1か月程経ちましたが、少しずつですがチームとして機能しはじめたのかなと感じています。

前職でのお仕事

前職では、SAPソリューションを導入されている会社の保守業務に携わっていました。主に決済や財務の分野を担当し、ユーザ様からの問い合わせや障害対応、仕様変更に伴う開発等を行っていました。

入社きっかけ

前職が東京にある会社だったのですが、携わったプロジェクトの一つにMJC社員の方が参画されていて、宮崎にも東京で活躍している会社があるんだと印象に残っていました。
30歳を機に宮崎に戻ってきて、IT企業を中心に転職活動を行ったのですが、その中の一つとしてMJCの採用面接に応募しました。
面接の中で、自治体関連など地元宮崎に貢献出来る仕事があること、東京、大阪、福岡にも支社があり全国に活躍の場があること、また防災システムなど人の命を守るためのシステムを扱っていることを知り、たくさんの可能性を持っていてやりがいのある会社だと感じたため入社を決めました。

最初のお仕事や苦労など

金融システムソリューションの国内ニアショア開発に参入するにあたり、業務ノウハウ習得の為に最初の1ヶ月間は東京出張でした。
入社してすぐに客先での業務で、またMJCのメンバーとも東京で初顔合わせだったため、不安が大きかったことを覚えています。
ただ、入社したばかりの自分を信頼して、お客様と直接会う現場に入れてくれた会社の期待に応えるためにも、MJC社員として恥ずかしくない仕事をすることを心がけていました。
宮崎に戻ってきてからは、テスト工程や既存機能の改善提案などを行いました。最初の一年間を通して、私自身は先輩に助けられっぱなしでしたが、MJC社員は一つ一つの仕事に対して妥協を許さず、SEとしてのプロ意識が高いことを感じました。そのようなスタンスがお客様から高く評価をいただき、今現在行っている開発のお仕事に結びついているのだと思います。

入社2年目

国内ニアショアでの開発が、本格的に始まりました。金融商品を扱うシステムの為、業務理解に非常に苦労しましたが、お客様とほぼ毎日TV会議を行う中で、少しずつ理解を深めていき、設計、開発を進めました。
本案件はJava開発で、未経験の言語だったため書籍や研修に参加するなどして、日々勉強する毎日でした。本格的に開発に携わったのは、IT業界に入って初めてだったので不安もありましたが、自分で設計したものが実装され、思い通りに動いてくれた時の達成感は今でも覚えています。
また、現在携わっているプロジェクトには海外の企業も関係しており、つい先日、インドの方がMJCを来訪されました。コミュニケーションをとることが難しく、英語の必要性を痛感しましたが、これからワールドワイドな環境で仕事ができると思うと、非常にわくわくする気持ちのほうが強いです。

将来の目標

今現在携わっているプロジェクトは、約1年半前に2名でスタートしましたが、今では10名以上のメンバーがいます。
私自身は、入社して3年目に突入しようとしていますが、チームリーダーも任せてもらうことになり、さらにチームを大きくしていくために、今まで積み上げたお客様からの信頼をなくさないよう、仕事に取組んでいきたいです。まだまだリーダーとして不十分な部分が多いですが、チームの各メンバーが自分から主体的に動いて仕事ができるような環境づくりを目指しています。

中途を検討している方へのメッセージ

MJCでは、自分の携わっているプロジェクトだけがうまくいけば良いのではなく、遅れているプロジェクトがあれば他のチームのメンバーがヘルプに入って、会社全体として1つ1つのプロジェクトを成功に導こうとする風土があります。また、定期的にBBQや社員旅行を行い、社員同士の交流を深める機会も多くあります。